スカイレンタカー 口コミ3

スカイレンタカー 口コミ3

 

私が沖縄県本島に行って驚いたのが、他府県のようには電車等の公共施設が発達しておらず、主な移動手段はタクシーかバスに限定されていることでした。

 

 

那覇市内の一部ではモノレールが運航していますが、まだまだ路線が短く、遠くまで行けるのも同市内の那覇空港から首里駅までと限定的であり、他の観光名所をまわるとなるとどうしてもタクシーやバスを併用するしかありませんでした。

 

 

しかし、タクシーでは南北に長い沖縄本島を巡るとなると運賃がばかになりません。

 

 

タクシーを半日あるいは終日借り切るとなる一万五千円から三万円程度の出費を覚悟しなければなりませんでした。

 

 

これではせっかく安くチケットをゲットしても本末転倒というものです。

 

 

他方でバスの場合は、運賃の心配はさほどないといえますが、今度は移動にかかる時間的問題と、希望する場所へダイレクトに行くことできず乗り換えの煩雑さに悩まされるといった問題が生じてきました。

 

 

そこで、自動車の運転免許を有していたことから、地元のレンタカーを利用することにしたのです。

 

 

レンタカーの場合は、実際に運転をしなければならないという手間はかかりますが、沖縄の青い空や亜熱帯植物が植わった道々を眺めながらのドライブは意外と楽しいものです。

 

 

なによりレンタカー会社やその利用時間によっては数千円から利用することができる点は、なるべくコストを抑えたい私にとっては最大のメリットに感じました。

 

 

ただ一点、ここでも公共移動施設の未発達がネックとなり距離的な問題が生じてきました。

 

 

安価な賃料のレンタカー会社は多数存在するものの、そこまで行くのに数千円のタクシー代が必要だったり、バスで言った場合でも乗り継いだあとに徒歩で向かわなければならないことが多々見受けられ、土地勘のない私のような旅行客は迷子になりかねませんでした。

 

 

ましてや熱い日差しの中、重いボストンバッグを引いての移動は想像するだけで苦痛でした。

 

 

そこで重要視したのが、レンタカー運賃が安いのはさることながら、営業所が空港から近い場所に存在し直行のバスがでているという点でした。

 

 

調べてみると空港からほど近い国道58号線沿いに、無料で利用できるシャトルバスサービスのあるスカイレンタカー 沖縄がありましたのでそこを利用することにしたのです。

 

 

実際に利用してみるとバスは思っていたよりもかなり広々としておりきれいで、営業所への移動時間もわずかでまさにあっという間でした。

 

 

勿論、レンタカー自体も大変きれいに整備されており終日快適に利用することができました。

 

 

これらの点からスカイレンタカーを利用して正解だったと感じています。

>>スカイレンタカー 沖縄 公式サイトはこちらから<<